株式会社ランドブレイン > 株式会社ランドブレインのスタッフブログ記事一覧 > 増える空き家

増える空き家

カテゴリ:不動産知っ得情報
ちょっと前の新聞に載ってました。

増える空き家、団塊世代の高齢化でさらに。

国は税優遇見直し検討 全国で空き家が増えています。国の調査では人が長い間住んでいない(賃貸は除く)家は349万戸有り、人口の減少が続くこれからは、さらに増えると見込まれています。
周辺環境の悪化や倒壊のの危険性もある為、国も対策に乗り出すようです。
 住宅の総数に占める空き家の割合は13.6%(土地統計調査・総務省 2018年)で、空き家の取り壊しが進まない場合、2038年には31.5%に上昇すると見られています(野村総合研究所予測)
特に持ち家の率が高い団塊世代が75才以上の後期高齢者になる2025年以以降は急増する恐れがあるそうです。 
家が建っていれば固定資産の優遇措置が受けられますが、管理状態の悪い空き家の修繕や建て替えを促すため、優遇措置を見直し、税負担を増やす検討を国は始めました。 
 
空き家に対する相談も多く聞きます。

 ●思い出の詰まった家を処分することへのためらい 
 ●家を残してほしいという親の願い 
 ●財産整理や手続きが面倒   等々。 

 しかし、だれも住んでいない家に多額の税金を払うのはもったいない。 
 でも、どうしたら良いか?

 良く 

 ●売却するために持ち出しになる費用が有るのか 
 ●家の中に荷物も多くてこれで本当に売れるのか 
 ●まずは賃貸で貸すという事は出来ないのか 

 このようなご相談を頂きます。

 まずは専門家である私たちににご相談下さい。 
 『今売ったらどのくらいの費用になりそうなのか』『結局手元にはいくら残るのか』など、無料で査定させて頂きます。 

 私達の仕事は売りたい人から買いたい人への橋渡しです!!

 高崎市にお住まいの方も、これから高崎市に住もうかな・・・とお考えの方も 土地や新築住宅、中古住宅など、不動産の事はランドブレインにご相談ください。 スタッフ一同親身になって、お手伝いさせて頂きます。
≪ 前へ|土地やお家の購入。親に相談すべき?   記事一覧   相間川温泉|次へ ≫

トップへ戻る